合同会社ウイン・アクション

芝浦・芝・田町の経営者のサポーター
小さな会社の起業からExitまで

せまい弁当(ヨシムラ赤8H)

2022年11月6日のがっちりマンデーから。

ターゲット客や食材をがっちり絞り込んだ弁当がいくつか紹介されていました。

その中でも、秩父(埼玉県)の大滝食堂の「バイク弁当」が秀逸でした。

販売時間は11:00~15:00の4時間にもかかわらず、1日200個も売れるという弁当です。

弁当は食券を自動販売機で購入するのですが、そこで表示されるのは、

「ヨシムラ 赤8H ノーマル」「湘爆江口 フルチェーン」「モリワキ ノーマル」

とか、意味不明の品名が並びます。

「ヨシムラ 赤8H」の説明を聞くと、「ヨシムラ」とは、オートバイの部品の開発・販売とともに、レース参戦を行っているレーシングチームの名前。「赤8H」第一回鈴鹿8耐で優勝を飾ったマシンのタンクをモチーフとした弁当箱ということ。

弁当を食べた後は、付属のシールを張ることで、このようになります。


バイク弁当の大滝食堂 – バイク弁当の大滝食堂 究極の豚唐揚弁当 (bikebento.jp)より転載

貯金箱、ティッシュボックス、レンジでチンする調理器として転用も可能とか。

秩父は絶景のツーリングスポットが多く、また仮面ライダーのロケ地でもあり、バイクツーリングの聖地と言われているらしい。
毎年、沢山のライダーが訪れる土地とのこと。
この「バイク弁当」は、まさに彼らを顧客ターゲットとした弁当ということです。

ライダー達が客なので、自販機に表示する品名も彼らに分かればそれでいい。

弁当そのものは、豚のから揚げ弁当のみ。

「ノーマル」は普通盛りの意味で、1170円。
「ボアアップ」はごはん大盛り、「Rバージョン」は肉増し、「フルチューン」で1470円とか。

弁当箱ラインナップは8種類あるため、ライダー達は好みのものを集めるためにリピーターになるとか。

弁当箱はレーシングチームとのコラボで、金型から制作、意匠登録でがっちり守られているとか。

 

#顧客の絞り込み

#チョコエッグモデル

#単品効率型

#意匠登録

 

事業計画策定は、独自ビジネスモデルを考えるチャンス

ものづくり補助金や、事業再構築補助金の獲得には事業計画の策定が必要です。

どちらも新規事業の計画ですが、優位性を保持する為の独自ビジネスモデルを考えるチャンスです。この1年間、認定支援機関としてサポートした事業計画を以下、一覧にしました。ワクワクするテーマばかりですね!!

【事業再構築補助金】

動画分析機能付きSaaS型コンテンツ管理サービスの開発、上市<NEW>

・簡単に料理ができる、健康SOY-MILK(豆乳)加工食品の開発、ネット販売

・リモート文化に対応したオードブルデリバリー事業の立ち上げ

・シルクスクリーン印刷での制作物体験の場をネットとリアルで提供する

ワインを楽しむ生活提案〜定期購入型併用ワイン通販サービスの立上

肉バルの店からお一人様専用の安心「火鍋セット」提供への業態転換

5G対応のオンライン研修運営代行と、動画研修コンテンツの提供

(参考)事業再構築補助金採択結果

【ものづくり補助金】

キャラクター付き別製に最適化したボールペン試作品の開発

非対面提案・販売が可能な、企業向け理念グッズ提供サービスの立上

WEBメディア(媒体)向けに特化したチャットボットサービスの提供

出版社向けオウンドメディアのパッケージシステム事業の展開

新顧客層向けオンライン音楽レッスンマッチングシステムの構

ドックスリング開発ニーズ把握の為のサブスク型会員サービスの開発

歯科衛生士専用オンライン求人・コミュニティサイトの構築

腎疾患等慢性疾患患者用<医療機関連携>健康管理アプリの開発、上市

会計事務所向け(自動仕訳対応)領収書等自動読み取り機の試作開発

(参考)ものづくり補助金採択結果